読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文字の洪水に溺れながら

人生初心者、でも人生のハードモードぐらいを生き抜きたい人間。

1月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:4834ページ

アイゼンフリューゲル2アイゼンフリューゲル2
こう来るとは予想外だった。白虚淵で締めるとは正直びっくり、今までの感じだったらカールの願望を優先するにしても戦争の祖国はほっぽり出して「ヘレン」と共に竜側に立ってしまうというようなエンドになりそうなものだったけど、ヘレンとの関係性が全く喪失してしまっているところにえらくショックを受けた。結局これはカール以外は誰も幸福にもなっていないし、かといって他の人が不幸になったわけでもない。ハッピーエンドとしては上々かもしれないが虚淵テイストの鬱エンドではない気がする
読了日:01月16日 著者:虚淵 玄

アイゼンフリューゲルアイゼンフリューゲル
1巻では設定を出しまくって世界観に引きずり込むすっごくリッチな撒餌のようなもの、普通の作家だったらこっからの展開が「カールの復活とそれによる平和の獲得」のように予想できてしまうが虚淵さんだからこそ下巻がそんな安易な展開になるわけないと思って期待してしまう。
読了日:01月16日 著者:虚淵 玄

戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)
社会に一回も出てない大学生としてでも楽しめた、そしてこんな会社でこんな風に自分の価値を自覚しながら働きたいと思えるようになった。就職活動前に読むとモチベーションアップになる。ただひとつ重要なのはこういう知識をひけらかしている部下は絶対に重宝はされないということ、ここら辺のバランス下からしたら難しいけど、知識だけでは駄目なように知識をどう上手く周りに提供できるのかも考えるべきだと自戒の念もこめて書いておく。
読了日:01月13日 著者:三枝 匡

OUT 下  講談社文庫 き 32-4OUT 下 講談社文庫 き 32-4
上と比べたら少し日常感が薄れるので、ミステリー要素で最後まで強引に突っ走ったという印象に落ち着いた。雅子の「どうでもいい」という感覚が自分と重なることが多かったのが少し怖かった。
読了日:01月13日 著者:桐野 夏生

OUT 上  講談社文庫 き 32-3OUT 上 講談社文庫 き 32-3
重い、重いがゆえに面白い。この小説が何にもまして怖いのは主人公たちの状況に簡単に一般人がなってしまう可能性があるということを常に感じさせてくる点だと思う。介護に貧困に離婚とか3つ重なるだけでここまでの地獄を見れるのかと・・・。
読了日:01月13日 著者:桐野 夏生

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
素晴らしすぎる、何がすばらしいって自分みたいな大学でのサークルとかを仕切ってる役割にとっては、実用的な教科書が出てくれたようなものなのだから。会社員がスキルアップのためにビジネス本を読むように、この本でサークルや部活という特殊な集団を纏め上げる要素を十二分に学べる。大学生のサークルとかの幹部には全員読ませるべき。そして大学図書館に入れるべき(表紙の問題で無理だろうけど)
読了日:01月13日 著者:岩崎 夏海

獣の奏者 II 王獣編獣の奏者 II 王獣編
凄いお勧め、お勧めなんだけどまだ書けてない、ごめんなさい。
読了日:01月13日 著者:上橋 菜穂子
獣の奏者 1 闘蛇編 (講談社文庫 う 59-1)獣の奏者 1 闘蛇編 (講談社文庫 う 59-1)
読了日:01月13日 著者:上橋 菜穂子

Angelic layer (5) (角川コミックス・エース)Angelic layer (5) (角川コミックス・エース)
本当に癖がない主人公の成長物語、王道は面白いから王道だと思ってしまう漫画。まぁ、確かにビギナーが才能だけで今まで努力して来た人たちに勝っていく図は見ててあまり気持ちがいいものではないし、突っ込みたくもなるけれども、そこさえ我慢すれば普通に楽しい。だがそれよりも何よりもこの物語の真髄は時々いっちゃんが語る格好いい言葉たちのような気がする。
読了日:01月12日 著者:CLAMP


ちょびっツ (8) (デラックスKC (1632))ちょびっツ (1〜8) (デラックスKC (1632))
ちぃ可愛いよ、ちぃ、というのはおいて置いて、扱ってるテーマは古典的だけれども深い、「人間とPCがどのように共存していけるのか」これは突き詰めると、個人の良識に任せるしかないという気がするけれども、それが現実になったらというお話でした。ただ、このようになるためにはそもそも2つの立場が両者ともお互いを尊重するという一番難しい前提があるわけで、そこをどう解決すべきなのかが触れていなかったのは残念。でもちぃが可愛いのでお勧め(何)
読了日:01月10日 著者:CLAMP
読書メーター