読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文字の洪水に溺れながら

人生初心者、でも人生のハードモードぐらいを生き抜きたい人間。

どこへ就職するかという選択肢一覧

このごろ、就職活動という言葉が少しづつ近づいてきているので意識してブログを読んでいるけども、まずは選択肢の整理をしようと思った。前提は働くということ。院に行くとかニートとかは今回は考えない

大きく分けて

1一般企業に就職
2公務員として就職
3起業
NGO等の非営利組織

がある。

んで1は
α大手企業
βベンチャー企業
γ地元企業or中小企業

という細分化がなされている。

そして1,3,4の選択肢には更にオプションとして
a日本で働く
b欧米などの日本以外の先進国で働く
cベトナム等の途上中の国で働く
が存在している。公務員はこれはない。

2の公務員はその代わりに
m公務員一種
nその他
の2つに分けることができる。

つまり
1aα 日本の大手の一般企業に就職
1aβ 日本のベンチャー企業に就職
1aγ 日本の中小企業や地元企業に就職
1bα 欧米などの日本以外の先進国で大手の一般企業に就職
1bβ 欧米などの日本以外の先進国でベンチャー企業に就職
1bγ 欧米などの日本以外の先進国で中小企業や地元企業に就職
1cα ベトナム等の途上中の国で大手の一般企業に就職
1cβ ベトナム等の途上中の国でベンチャー企業に就職
1cγ ベトナム等の途上中の国で中小企業や地元企業に就職
2m  国家公務員として働く
2n  地方公務員として働く
3a  日本で起業
3b  欧米などの日本以外の先進国で起業
3c  ベトナム等の途上中の国で起業
4a  日本でNGO等の非営利組織で働く
4b  欧米などの日本以外の先進国でNGO等の非営利組織で働く
4c  ベトナム等の途上中の国でNGO等の非営利組織で働く

と場合分けできるわけだ。実際はそれ以外の選択肢が
院に行くのと専門学校に行くのとニートorフリーターになるとがある。

こうして見てみると選択肢多いですね
ただ、明らかに皆1aばっかり見てるのが気になる。
ライバルが少ないという考え方をすればいいのかな?